流れに身を任せること

流れに身を任せること

流れに身を任せることが大切です。

 

 

元気を出す必要があるときは好きなものを
食べたりゆっくり休んだりしながら身体の調子を整えますが、
取り急ぎ元気を出す必要がないときは無理なことはしません。

 

 

流れに任せて食べたくなければ無理して食べないし、
眠くなければ眠くなるまで起きていることもあります。

 

 

元気が出ないときには何かしら理由があるものです。

 

 

何の原因もなく元気がなくなることはないので、元気が
なくなった原因が解決するのを待つことも必要です。

 

 

待っている時間は長く感じるものですが急いで元気を
取り戻そうと思ったってそれは難しいでしょう。

 

 

それでも元気を出さなければいけないときはあるので
無理にでも食べたり眠るようにしたり・・・時と場合によって
できることをします。

 

 

ストレスが溜ることもあるので無理をしない程度に
できることをするだけで十分だと思います。

 

 

徐々に元気を取り戻せばいいならこういう努力はしません。

 

 

川の水が流れるように自分も流れに身を任せるのです。

 

早寝早起き朝御飯

 

昔からよく聞くフレーズに、「早寝早起き朝御飯」と言うものがありますよね。

 

 

このフレーズ。健康的に元気に暮らすのに最も適している言葉ではないかと私は思います。

 

 

何故ならば、実体験があるからです。

 

 

仕事に追われ、毎日夜遅くまで残業、家に持ち帰り、食事も
コンビニ弁当で軽く済ませる。

 

 

寝るのは結果深夜になり、当然朝もスッキリとは目覚められずに、
出勤ギリギリまで寝て、慌てて会社へと急ぐ。

 

 

そんな日々を繰り返していた私の目の下には常に隈があり、
休日はばったり倒れるように寝るばかりで、元気なんて
言葉は浮かんでも来ませんでした。

 

 

しかし、ある日たまたま偶然にも仕事もなく、早くに睡眠が
取れた日がありました。

 

 

翌日、朝早く目が覚め、珈琲など淹れつつ、何となく仕事に
目を通すと、何だか深夜にしていたより仕事が捗り、すると
仕事をしたからか、お腹も空き、久しぶりにゆっくり朝食も
食べることが出来ました。

 

 

その日は、会社への道も苦ではなく、普段気づかない周りの
風景の移り変わりにも目を向けることができ、心に余裕が
出たようなそんな気持ちがしました。

 

 

日中も頭が冴えて、仕事の効率もよく、そんな感じで
1日を終える頃には早起きが凄く良かったのではないかと
感じていました。

 

 

勿論朝が早いので、夜眠くなるのも早く、自然と
眠りにつく形に。

 

 

そして暫くこの生活を続けた頃に気づいたのです。

 

 

ん?何だか体が元気だぞと。いつも怠いと感じていた筈の事も
積極的に取り組む事が出来ました。

 

 

もし、元気がない、疲れてる、仕事が進まない。そう
感じている方が居るのなら、昔からの教えである
「早寝早起き朝御飯」是非お試しください。

 

 

生活リズムが整うことで元気が出ますよ。

 

元気が出るカラオケ熱唱

 

やっぱり仕事が立て込んだり行き詰ったりすると元気が
なくなってきます。

 

 

そんな時は元気を出すために友達とカラオケに行ったりします。

 

 

フリータイムの安い料金でカラオケに入り、思いっきり
好きな曲を歌います。

 

 

最初はアップテンポな曲を歌い、(友達も同じです)
少し休憩がてらバラードなどゆったりした曲を歌い、
途中面白い歌というかあえて子供向けのアニメの歌などを
大熱唱します。

 

 

近くのカラオケはお酒もあるのでチューハイなどを
飲みながら熱唱するとストレス発散で元気がでます。

 

 

ときには喉がカラカラになるのでのど飴なども持参したりします。

 

 

友達も私もだいたい歌う歌は決まっているのですが、
新しい曲なども事前に予習というかチェックして歌詞を
覚えて行って、歌ったりすると新鮮なかんじがして気持ちいいです。

 

 

また途中カラオケの点数を友達と競ったりします。

 

 

どうしても酔ってくると音程がはずれてくるので後半は私も
友達も点数が下がり気味になります。

 

 

ただ、それもそれで面白いです。

 

今日この頃は医療技術も

心臓を掴まれるような症状以外にも、息切れがひどいとしましたら、「心不全」の可能性があります。命に関わる病気になります。
ウォーキングと言いますと、カラダ全体の筋肉であったり神経を活性化する有酸素運動と言われるものです。筋肉を太くするだけじゃなく、柔らかくもするので、筋肉痛になることが少なくなるはずです。
健康だと思っている方は、健康の大切さを認識することは少ないはずです。健康の大切さと言いますのは、病気に襲われてようやく自覚するものだと言われます。健康でいられるというのは、最も喜ばしいものなのです。
糖尿病が心配ならば、常日頃から予防を心掛けなければなりません。それを実現させるために、食するものを日本固有の食事に入れ替えたり、気持ちの良い運動をしてストレスに押しつぶされないように意識することが重要です。
今日この頃は医療技術も大きく前進して、一刻も早く治療を開始するようにすれば、腎臓の機能の減衰を防御したり、緩やかにすることが可能になったとのことです。

くしゃみや席をするような時は、手を利用して口と鼻を覆うようにしましょう。水沫を可能な限り拡がることがないようにする用心深さが、感染を抑制することに繋がることでしょう。礼節を守るようにして、感染症を抑え込みましょうね。
目に映る物が形が変わって見えてしまう白内障または加齢黄斑変性など、粗方加齢が原因だと捉えられる目の病気は数多く見受けられますが、女性の方に頻発するのが甲状腺眼症だと発表されています。
単なる咳だと信じ込んでいたのに、ビックリの病気に罹患していたという事例もあります。特に症状が続いている場合は、専門のクリニックで診てもらうことが大切でしょう。
蓄膿症の場合は、早めに治療することが必要です。治療そのものは簡単ですので、通常とは違った鼻水がいっぱい詰まるなど、これまでとは違うと感じた場合は、早急に病院に行くべきでしょう。
運動に取り組んだ場合に、筋肉が痛みに見舞われるという状態が、筋肉痛と呼ばれるものです。どうかすると、運動のみならず、単なる歩行さえ遠慮したいくらいの痛みが生まれることも少なくないのです。

低血圧状態の人は、脚あるいは手指などの末端部に存在する血管の収縮力が弱まり、血液循環も滑らかさが損なわれると聞きます。結果として、脳に運ばれる血液量も抑えられてしまうことが想定されます。
医療用医薬品というものは、規定された日数内に全て服用することが要されます。薬局などで売っている医薬品は、外側に掲載されている使用期限をチェックしてください。未開封でしたら、原則使用期限は3〜5年ではないでしょうか。
アルコールの大量摂取がもたらす肝障害は、唐突に発症するわけではないと言われます。けれども、長きに亘って大量の酒を飲み続けていると、確実に肝臓は負担を強いられることになります。
鼻水で呼吸がしづらいという症状で困っていませんか?軽視していたりすると、どんどん悪くなって合併症に結び付いてしまうこともあり得ます。不安な症状が見られた場合は、耳鼻科の医者で受診してください。
咳につきましては、喉の奥に蓄積された痰を外に出す働きをします。気道にある粘膜は、線毛と言われている繊細な毛と、表面を覆い隠す粘液が見受けられ、粘膜を防護しているのです。