流れに身を任せること

流れに身を任せること

流れに身を任せることが大切です。

 

 

元気を出す必要があるときは好きなものを
食べたりゆっくり休んだりしながら身体の調子を整えますが、
取り急ぎ元気を出す必要がないときは無理なことはしません。

 

 

流れに任せて食べたくなければ無理して食べないし、
眠くなければ眠くなるまで起きていることもあります。

 

 

元気が出ないときには何かしら理由があるものです。

 

 

何の原因もなく元気がなくなることはないので、元気が
なくなった原因が解決するのを待つことも必要です。

 

 

待っている時間は長く感じるものですが急いで元気を
取り戻そうと思ったってそれは難しいでしょう。

 

 

それでも元気を出さなければいけないときはあるので
無理にでも食べたり眠るようにしたり・・・時と場合によって
できることをします。

 

 

ストレスが溜ることもあるので無理をしない程度に
できることをするだけで十分だと思います。

 

 

徐々に元気を取り戻せばいいならこういう努力はしません。

 

 

川の水が流れるように自分も流れに身を任せるのです。

 

早寝早起き朝御飯

 

昔からよく聞くフレーズに、「早寝早起き朝御飯」と言うものがありますよね。

 

 

このフレーズ。健康的に元気に暮らすのに最も適している言葉ではないかと私は思います。

 

 

何故ならば、実体験があるからです。

 

 

仕事に追われ、毎日夜遅くまで残業、家に持ち帰り、食事も
コンビニ弁当で軽く済ませる。

 

 

寝るのは結果深夜になり、当然朝もスッキリとは目覚められずに、
出勤ギリギリまで寝て、慌てて会社へと急ぐ。

 

 

そんな日々を繰り返していた私の目の下には常に隈があり、
休日はばったり倒れるように寝るばかりで、元気なんて
言葉は浮かんでも来ませんでした。

 

 

しかし、ある日たまたま偶然にも仕事もなく、早くに睡眠が
取れた日がありました。

 

 

翌日、朝早く目が覚め、珈琲など淹れつつ、何となく仕事に
目を通すと、何だか深夜にしていたより仕事が捗り、すると
仕事をしたからか、お腹も空き、久しぶりにゆっくり朝食も
食べることが出来ました。

 

 

その日は、会社への道も苦ではなく、普段気づかない周りの
風景の移り変わりにも目を向けることができ、心に余裕が
出たようなそんな気持ちがしました。

 

 

日中も頭が冴えて、仕事の効率もよく、そんな感じで
1日を終える頃には早起きが凄く良かったのではないかと
感じていました。

 

 

勿論朝が早いので、夜眠くなるのも早く、自然と
眠りにつく形に。

 

 

そして暫くこの生活を続けた頃に気づいたのです。

 

 

ん?何だか体が元気だぞと。いつも怠いと感じていた筈の事も
積極的に取り組む事が出来ました。

 

 

もし、元気がない、疲れてる、仕事が進まない。そう
感じている方が居るのなら、昔からの教えである
「早寝早起き朝御飯」是非お試しください。

 

 

生活リズムが整うことで元気が出ますよ。

 

元気が出るカラオケ熱唱

 

やっぱり仕事が立て込んだり行き詰ったりすると元気が
なくなってきます。

 

 

そんな時は元気を出すために友達とカラオケに行ったりします。

 

 

フリータイムの安い料金でカラオケに入り、思いっきり
好きな曲を歌います。

 

 

最初はアップテンポな曲を歌い、(友達も同じです)
少し休憩がてらバラードなどゆったりした曲を歌い、
途中面白い歌というかあえて子供向けのアニメの歌などを
大熱唱します。

 

 

近くのカラオケはお酒もあるのでチューハイなどを
飲みながら熱唱するとストレス発散で元気がでます。

 

 

ときには喉がカラカラになるのでのど飴なども持参したりします。

 

 

友達も私もだいたい歌う歌は決まっているのですが、
新しい曲なども事前に予習というかチェックして歌詞を
覚えて行って、歌ったりすると新鮮なかんじがして気持ちいいです。

 

 

また途中カラオケの点数を友達と競ったりします。

 

 

どうしても酔ってくると音程がはずれてくるので後半は私も
友達も点数が下がり気味になります。

 

 

ただ、それもそれで面白いです。