身体を動かす

思考をストップして身体を動かす

思考をストップして身体を動かす事で
頭の中のモヤモヤを解消する事ができます!

 

元気になりたいときは一時的でもいいから考えることをやめます。

 

考え過ぎる性格の人は強制的に思考をストップさせるといいかもしれませんよ。

 

考え過ぎている自分を解放するんです。

 

考えていないと安心できない人も多いと思います・・・。

 

でも、考えている状態は脳を使っている状態なので身体はあまり動いていないと思います。

 

身体が動いていないと良いアイデアは浮かびにくいです。

 

せっかく考えるなら身体を動かしながらの方が良いアイデアが浮かびますよ。

 

たとえば歩いているときに良いアイデアが浮かんだり、運動中に前向きな考えが浮かぶこともあります。

 

自分の脳を使うことも必要ですが、身体を動かすことで良い考えが浮かぶことを知っておくともっといいですよ。

 

私は運動中に良いアイデアが浮かぶことが多いです。

 

特に有酸素運動をしているときに良いアイデアが浮かぶので、元気が出ないときは考えることをやめて無理にでも身体を動かすようにしていますよ。

 

元気になるには、発言・考え方をポジティブに変える

 

元気とは、気持ちの持ち方、考え方によると思う。

 

出来るだけ、肯定的な言葉を使い、否定的な考えに傾きそうになったら、それにドップリ浸からないようにした方がいい。

 

言霊と言って、自分の発する言葉には、人を幸せにも不幸にもできる。
それだけ言葉には、不思議な力がある。

 

友人が「私、アイスクリームが大好きで、毎日食べるの。これじゃ痩せられないよね」と呟いた。

 

私に同調して欲しいのかなと思った。でも私は、その発言・考えが否定的だと思った。

 

本当に痩せる気があれば、食べないものだ。

 

食べるということは、太るという罪悪感を持ちながら、真剣に痩せようとは考えていないのだ。

 

ならば「毎日、アイスクリームが食べられて、幸せ」という発言・考えにしていかないと、いつまでたっても負のスパイラルを変えられないと思った。

 

どんな事でも最初は辛い。

 

でも本気で元気になりたいなら、真剣に取り組まねばならないと思う。

 

また「笑う門には福来る」というように、笑うことが病にもいいらしく、そういう機会をドンドン持つようにすればいいと思う。

 

いきなりは無理でも、少しづつ出来ることから自分を変えていくと、道は開けると思う。