身体を動かす

思考をストップして身体を動かす

思考をストップして身体を動かす事で
頭の中のモヤモヤを解消する事ができます!

 

元気になりたいときは一時的でもいいから考えることをやめます。

 

考え過ぎる性格の人は強制的に思考をストップさせるといいかもしれませんよ。

 

考え過ぎている自分を解放するんです。

 

考えていないと安心できない人も多いと思います・・・。

 

でも、考えている状態は脳を使っている状態なので身体はあまり動いていないと思います。

 

身体が動いていないと良いアイデアは浮かびにくいです。

 

せっかく考えるなら身体を動かしながらの方が良いアイデアが浮かびますよ。

 

たとえば歩いているときに良いアイデアが浮かんだり、運動中に前向きな考えが浮かぶこともあります。

 

自分の脳を使うことも必要ですが、身体を動かすことで良い考えが浮かぶことを知っておくともっといいですよ。

 

私は運動中に良いアイデアが浮かぶことが多いです。

 

特に有酸素運動をしているときに良いアイデアが浮かぶので、元気が出ないときは考えることをやめて無理にでも身体を動かすようにしていますよ。

 

元気になるには、発言・考え方をポジティブに変える

 

元気とは、気持ちの持ち方、考え方によると思う。

 

出来るだけ、肯定的な言葉を使い、否定的な考えに傾きそうになったら、それにドップリ浸からないようにした方がいい。

 

言霊と言って、自分の発する言葉には、人を幸せにも不幸にもできる。
それだけ言葉には、不思議な力がある。

 

友人が「私、アイスクリームが大好きで、毎日食べるの。これじゃ痩せられないよね」と呟いた。

 

私に同調して欲しいのかなと思った。でも私は、その発言・考えが否定的だと思った。

 

本当に痩せる気があれば、食べないものだ。

 

食べるということは、太るという罪悪感を持ちながら、真剣に痩せようとは考えていないのだ。

 

ならば「毎日、アイスクリームが食べられて、幸せ」という発言・考えにしていかないと、いつまでたっても負のスパイラルを変えられないと思った。

 

どんな事でも最初は辛い。

 

でも本気で元気になりたいなら、真剣に取り組まねばならないと思う。

 

また「笑う門には福来る」というように、笑うことが病にもいいらしく、そういう機会をドンドン持つようにすればいいと思う。

 

いきなりは無理でも、少しづつ出来ることから自分を変えていくと、道は開けると思う。

 

 

 

 

 

うつ病なのか

脳卒中と言うのは、脳に存在する血管で血流が滞ったり、それが原因で破裂したりする疾病の総称ということです。一定の種類に分類されますが、断トツに患者が多いのが脳梗塞らしいです。
スポーツなどをして、思いっ切り汗をかいた状況では、一時だけ尿酸値が上がるのが普通です。そういうわけで水分を摂り込まないと、血中の尿酸濃度が上がった状態をキープすることになり、痛風の誘因になるのです。
喘息と聞けば、子どもが陥る病気のような印象がありますが、今日では、20歳を超えてから症状が見られる実際の例が目立ち始めていて、30年前と対比させたら、ビックリかもしれませんが3倍という数字になっています。
いかなる時でも笑顔でい続けることは、健康でいるためにも効果があります。ストレスの解消は当然の事、病気まで予防してくれるなど、笑顔には思い掛けない効果が期待できます。
高血圧又は肥満など、例の「生活習慣病」は、二十歳過ぎてから真剣になって気を遣っていても、遺憾ながら加齢が影響を及ぼして発病してしまうこともかなりあるようです。

急性腎不全であれば、効果的な治療に取り組んで、腎臓の機能をレベルダウンさせた素因を取り除いてしまうことが可能なら、腎臓の機能も通常状態になるに違いありません。
通常であれば、体温が低くなりますと新しい細胞の創造活動が衰えることになり、ウイルスを攻撃する免疫力が低下します。加えて、夏に比べると水分補給もあまりしませんから、体内の水分量も少なくなることが多いです。
うつ病なのか、それとも違うのかは、直ぐにはわかりません。短期的な精神面での落ち込みや、過労が原因の気力なし症状が見て取れただけで、うつ病であると見極めることは無理ではないでしょうか!?
インフルエンザウイルスに触れることで、罹る病気がインフルエンザというわけです。頭痛や関節痛、38度を超す熱など、諸々の症状が急に出現します。
ALSについては、筋萎縮性側索硬化症のことになります。その原因は明らかではありませんが、症状が出てくる年を見ると、神経に関する細胞の老化が影響を及ぼしているかもしれないと言う人が多いようです。

頑張ってリハビリに取り組んでも、脳卒中の後遺症が消えないこともあるのです。後遺症として多いのは、発声障害であったり半身麻痺などだと言われています。
鼻で空気を吸えなかったり、鼻の中の方から変な匂いがするといった症状が見られる蓄膿症。本当を言うと、鼻風邪を引いたことによって発症することもあると想定される、非常に近しい疾病だと言っても過言ではありません。
運動するチャンスもほとんどなく、どうしても食べ過ぎてしまい、コレステロールの多い食品類を止めることができない人、糖分とか脂質がたっぷり入った高カロリーな食べ物を中心に食べる方は、脂質異常症に罹患してしまうという発表があります。
甲状腺の病気は、男女の罹患率が全然違っており、女の人からしたら、バセドウ病などは男の人の5倍だと報告されています。それがあるので、甲状腺眼症にしましても女の人が気を付ける対象に入れて欲しい疾病ではないでしょうか?
骨粗しょう症と申しますのは、骨を作る時に大事な栄養成分であるビタミンD・カルシウムあるいはタンパク質などを確実に摂り込んでいないことや、運動不足であるとか飲酒喫煙などのお陰で発症する病気だと聞いています。