元気が出る音楽の鑑賞方法

元気が出る音楽の鑑賞方法

元気が出る音楽の鑑賞方法を
紹介しています。

 

私は高校生のころから落ち込んだ時、元気をだす方法を自分なりに決めていて、就職した今でも実行しています。

 

それはカンタンなことですが、好きな音楽を聴くことです。

 

ただ、元気の出る、好きな曲をいきなり聴くよりもまず暗い曲調の曲を聴いて、それから元気のでる曲を聴くのが良いと何かで聞いたのでそうしています。

 

落ち込んだ時は、自分の音楽プレーヤーで再生リストが作成できるので、1曲目は暗いバラードの曲、そして2曲目に自分の大好きなアーティストのアップテンポのポップの曲を設定しています。

 

そしてお風呂などに入ってリラックスした後その再生リストを聴いています。

 

その時の落ち込み具合によって、細かいですがイコライザで低音を響かせたり、高音を響かせたり微妙な変化をつけることもあります。

 

そうして音楽を聴いていると、1曲目でズーンと落ち込み切って、そこから2曲目を聴いて気持ちを少し切り替えることができます。

 

大学生の時は単位を落とした時、最近では上司に叱られた後に音楽を聴いてリフレッシュ、元気を出せました。

 

脱水症状になると元気が出ません

 

脱水状態になっていると身体の力が抜けて元気が出ません。

 

私はホットヨガを体験したことがあるんですが、開始前からスタジオの温度と湿度の高さに身体が馴染みませんでした。

 

スタジオの温度が38度湿度が60%の中でヨガをしていたら開始5分で身体がだるくなってしまいました。

 

ヨガが始まる前からダラダラと身体を流れるように汗がしたたっていたのだから無理もありません・・・。

 

ホットヨガスタジオの中にいるだけでヨガマットの上に寝転がっているだけでも汗が出続けたのです。

 

案の定最後までレッスンを受けられなくて早々にスタジオをあとにしましたが、そのときどうやっても身体に力が入らなくて元気が出なかったのです。

 

話すことさえやっとの状態だったので多分脱水症状だったのでしょう。

 

身体の水分はもちろん、栄養も汗とともに出て行き元気がなくなりました。もちろん水分補給をしていましたが間に合わず・・・。

 

これからの季節脱水には気をつけたいものです。

高血圧などの既往症がありますと

数多くの人が、疲れ目等々目のトラブルに陥っているようです。且つスマホなどのせいで、この傾向がより一層強くなってきたのです。
糖尿病と言ったら、インスリンが生成されにくい「1型糖尿病」もあると聞きます。こちらに関しては自己免疫疾患のひとつとされており、遺伝的ファクターが大きく影響を与えているわけです。
毎日のように笑いを絶やさずにいることは、元気の為にもおすすめです。ストレスの解消にとどまらず、病気治療にも作用するなど、笑顔にはあなたが知り得ない効果が盛りだくさんです。
かつて成人病とも言われた糖尿病または高血圧などの既往症がありますと、それが原因で脳卒中に見舞われてしまうこともあると聞きます。私達の25%と公表されている肥満もその危険性は十分あります。
笑うことで副交感神経の働きが強まり、ストレスホルモンの分泌量が少なくなるので、脳の温度が低くなります。その反対に、ストレスが溜まると交感神経の働きが活性化して、脳の温度が上がるとのことです。

健康な間は、健康の大切さを意識することはそれほどないのでは!?健康の大切さについては、病気に罹患して、その挙句に自覚できるものなのでしょうね。健康体というのは、特別に素晴らしいことだと感じます。
個々人にあった薬を、担当の医者が必要な数量と期間を決めて処方するということになります。自分勝手に、服用量を減らしたり服用しなくなったりせずに、指示を守って飲むことが絶対必要です。
年配の方に関しまして、骨折が重大なダメージと指摘されるわけというのは、骨折のせいで体を動かさない期間が生まれてしまうことで、筋力が弱くなり、歩けない身体に見舞われてしまうリスクが大きいからです。
今までだとアトピー性皮膚炎は、幼い子達に生まれる疾病だと決めつけられていましたが、今日この頃は、二十歳過ぎの人でもよく見られます。間違いのない治療とスキンケアに取り組めば、治癒する病気ではないでしょうか。
「おくすり手帳」と言いますと、個々が使用してきた薬を全部管理するために提供される一種の「カルテ」だと考えられます。医療用医薬品だけじゃなく、薬局などで購入した一般用医薬品の名称と、その使用履歴などを忘れず記帳します。

糖尿病だと指摘される数値の範囲ではないが、正常値をオーバーしている血糖値のことを境界型と言われています。境界型は糖尿病とは一線を画しますが、後々に糖尿病と化してしまうことがあり得る状況です。
甲状腺に起因する疾病は、男女の罹患率に大きな差があり、女の人からしたら、バセドウ病などは男の人の5倍もあるそうです。それ故、甲状腺眼症にしましても女性が気を付けるべき疾病だと思います。
急性腎不全のケースでは、間違いのない治療を行なってもらって、腎臓の機能を減衰させた原因となるものを除くことができるのなら、腎臓の機能も正常化すると考えられます。
健康だという人でも、身体の内部に細菌が侵入することになると、免疫力が一段と落ちます。誕生した時から病気がちだったという人は、是非とも手洗いなどを実施するようにして下さい。
胸痛で倒れ込んでいる人を見つけた時に意識すべきは、フットワークの良い行動だと思います。速攻で救急車を頼み、AEDがあれば心肺蘇生法を行なうことが重要です。