元気が出る音楽の鑑賞方法

元気が出る音楽の鑑賞方法

元気が出る音楽の鑑賞方法を
紹介しています。

 

私は高校生のころから落ち込んだ時、元気をだす方法を自分なりに決めていて、就職した今でも実行しています。

 

それはカンタンなことですが、好きな音楽を聴くことです。

 

ただ、元気の出る、好きな曲をいきなり聴くよりもまず暗い曲調の曲を聴いて、それから元気のでる曲を聴くのが良いと何かで聞いたのでそうしています。

 

落ち込んだ時は、自分の音楽プレーヤーで再生リストが作成できるので、1曲目は暗いバラードの曲、そして2曲目に自分の大好きなアーティストのアップテンポのポップの曲を設定しています。

 

そしてお風呂などに入ってリラックスした後その再生リストを聴いています。

 

その時の落ち込み具合によって、細かいですがイコライザで低音を響かせたり、高音を響かせたり微妙な変化をつけることもあります。

 

そうして音楽を聴いていると、1曲目でズーンと落ち込み切って、そこから2曲目を聴いて気持ちを少し切り替えることができます。

 

大学生の時は単位を落とした時、最近では上司に叱られた後に音楽を聴いてリフレッシュ、元気を出せました。

 

脱水症状になると元気が出ません

 

脱水状態になっていると身体の力が抜けて元気が出ません。

 

私はホットヨガを体験したことがあるんですが、開始前からスタジオの温度と湿度の高さに身体が馴染みませんでした。

 

スタジオの温度が38度湿度が60%の中でヨガをしていたら開始5分で身体がだるくなってしまいました。

 

ヨガが始まる前からダラダラと身体を流れるように汗がしたたっていたのだから無理もありません・・・。

 

ホットヨガスタジオの中にいるだけでヨガマットの上に寝転がっているだけでも汗が出続けたのです。

 

案の定最後までレッスンを受けられなくて早々にスタジオをあとにしましたが、そのときどうやっても身体に力が入らなくて元気が出なかったのです。

 

話すことさえやっとの状態だったので多分脱水症状だったのでしょう。

 

身体の水分はもちろん、栄養も汗とともに出て行き元気がなくなりました。もちろん水分補給をしていましたが間に合わず・・・。

 

これからの季節脱水には気をつけたいものです。